アダルトチャット口コミ比較

女の子を脱がせるテクニック

アダルトチャットの醍醐味と言えばやはり女の子を脱がせることでしょう。
手っ取り早く脱がせたい人、あんまり脱ぎそうにない子が脱ぐ姿が見たい人といることでしょう。
手っ取り早く脱がせたいと言う人は「アダルトOK」の女の子を探しましょう。
女の子の一覧に書いてあるサイトと書いてないサイトとあるので、書いていないサイトの場合は女の子プロフィールを確認してみましょう。
アダルトOKの女の子には最初からテンション高めでエロトークをしていきましょう。女の子も最初からそのつもりなので、かなり簡単に脱いでくれるでしょう。
でも簡単に見れるものよりも隠されていてなかなか見られないものに魅力を感じてしまう人は多いでしょう。
そんな人のために、あまり脱ぎそうにない女の子を脱がせるテクニックをご紹介します。
おおまかな流れとしては、じっくり警戒心をとり、心を開かせてから脱がせるというものです。
そのための準備として必要なものが一つだけあります。
それは「webカメラ」です。
なぜwebカメラが必要なのかと言うこともこれから説明していきます。
まず最初に心掛けないといけない事が会話内容です。
相手の警戒心が解けていないうちにはアダルトな内容の会話をするのはやめましょう。
最初はただの世間話とか趣味の事の話を中心にしていき、所々で下品にならないように女の子の容姿や仕草、喋り方などを褒めてあげるましょう。
この時点での難関ポイントは実は女の子と仲良くなる事ではなく、警戒を解いて信頼されるという事です。
ライブチャットにいる女の子達は当然チャットで会話に慣れているので、どうでもいいような相手とでも仲良さげに話すことは難しい事ではありません。
しかし警戒を解くとなると多少難しくなってきます。
そこで絶対に必要なアイテムがwebカメラなのです。
こちらがwebカメラを使わずにチャットをしていると、こちらから女の子を見る事は出来ても、女の子はどんな顔の人と会話しているのか全く分からないまま会話をすることになり、こちらの事を信頼するという所まで持っていけません。
でもwebカメラでこちらの顔を見せたうえでの会話をすると、実際お互いに会ったことなどない同士であっても、なんとなく顔見知りのような気分になってきます。そして、自然と親近感が湧いてくるのです。
女の子がだんだんこちらの事を信頼してきたなと感じたら次のステップです。
少しずつアダルトな会話を盛り込んでみましょう。女の子の反応を見ながらソフトなものから始めるのが良いでしょう。
この段階であまりにも反応が悪い場合は、普通の会話に戻しましょう。
これから脈がなさそうだと判断したらさっさと他の女の子を探すのも一つの手段ですね。
エロ話を盛り込む時には女の子からエロい話を引き出すだけでなく、積極的に自分から話していくことが大事です。
そしていきなり服を全部脱げとかおっぱいを見せてと言うのはNGです。
小さな要求から始めましょう。例えば指や唇といった最初から見えているものをアップで見せてもらうというのは非常に効果が高いでしょう。
そして見せてくれたら可愛いねとかエロいねと、そのパーツについて褒めていきましょう。
それからうなじや太ももと徐々に確信に迫っていけば、確実に脱がせていくことができるのです。
人は小さな要求を受け入れると、結果的に大きな要求も受け入れてしまうものなのです。
そうやって徐々に女の子を責めていけば、ガードの堅い女の子でも気が付いたらおっぱい丸出しになんてことも十分に可能です。
この時にもwebカメラが大活躍するのです。
例えばアナタが女の子だとして、自分だけが脱いでいくというのは少し恥ずかしくないですか?
でも二人で脱いでいくというのは意外と恥ずかしくないばかりでなく、相手が先に脱いでいたら自分も脱がなくてはいけないという気持ちになってしまいます。
だからwebカメラで自分も脱ぐから脱いでと言って、自分から脱いでいくことで、女の子をより脱がせやすくなるのです。
この方法は100%成功するわけではありません。
もちろん失敗もありますが、いくつもの困難を乗り越えて女の子を脱がせた時の感動はなんとも言えないものがあります。
あまりにもガードが固ければ、さっさと次の女の子を探す方が効率は良いのですが、どうしても脱がせたいとう子の時には、何日も粘り強くチャットをしてみましょう。

この投稿のトラックバックURL:

Facebookでコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

è